矯正歯科が扱っている矯正装置|悩める人への救いの手

歯医者

最近注目の矯正装置

	歯科

歯列矯正を行なうためには矯正装置を装着しないといけません。いろいろ矯正装置がありますが、その中でもインビザラインという装置が多くの人に注目されています。この装置はマウスピース型をしていて、透明ですから装着しても周りに気づかれる心配はありません。目立たない治療を行なうことができるということで多くの人が、インビザラインを使用して治療を受けようとしています。この治療を受けるためには、矯正歯科という診療科目を取り入れている歯医者で精密検査を受けないといけません。この治療法では患者さんに合わせたマウスピースを作成しますから、細かいデータが必要になるため精密検査を行ないます。作成する装置は1つだけでなく、最終的な歯並びにできるようにいくつもの装置を作成します。2週間ペースで矯正装置を交換するため、定期的に歯医者に通う必要があるのです。インビザラインは取り外すことができるため、食事を行なう時や歯磨きをする時に外すことができます。ですから、装置の中に食べかすなどが装置に付着してしまうことを避けることができますし、装置が邪魔で歯磨きができないということはありません。取り外す時に気をつけてほしいことは、インビザラインは食事と歯磨き以外は常に装着するようにしてください。装置を装着している時間が短くなると、治療計画通りにいかなくなってしまい順調に行なうことができなくなります。ですから、1日中装着することを意識することが大切です。他にも様々な注意点がありますので、インビザラインを使用した治療を受ける前にいろいろな情報を集めるようにしましょう。